2011年03月13日

これ以上、何も起こらないで

これまで阪神淡島大震災以降、
個々による耐震性だとか、
いわゆる(個)のみで
地震に対する規制や法律が
整備されてきましたけど、
今回の地震と津波。
スマトラでみてきたはずなのに
隣の芝は何とやらで、
他の国の出来事なのか?

いや、日本においても考えていたはず。
しかし、それ以上の規模だったのか?
でも、どこか津波による被害ってのは
どこか日本において、考えが至らなかったのでは?

僕も阪神淡島大震災の時に
建築に携わる者として、
少なからず、お手伝いさせていただいた
者として、今回の大震災。

単なる建物「個」の整備だけでは
成り立たないような気が。
いくら耐震性。だといったとこるで
戸建住宅では自重。積載荷重。などなど。
戸建では津波による耐荷重はしれてます。

個ではなく、面的整備。
まちづくりが、根本的に
見直す時期がきていると思います。
津波による災害対応は、
あまり重視されてきなかったように
思います。
単なる、住宅の耐震性を高めただけで
今回のような、大震災は乗り切れません。
建築基準法の改正で
この震災は防げないです。
海抜より低い地域が多く存在する日本。
地震先進国である日本。
ハザードマップや震災システムを
構築する前に、抜本的な改善を
強く望みます。

ともあれ、壊滅的。これまでにない
大地震でこの先暗闇が続いて行く
と報道されている中、
人間の強み。生きていく意思。
阪神淡島大震災で見てきた人の想い。意思。
へこたれないと思ってます。

どうか諦めないて。
希望は捨てないで。

建築に携わる者として、
自分がいかに無力であったこと。
自然の脅威に、いかに
なす術がないのかを、
阪神淡島大震災で経験したのに、
無力感いっぱで、涙が止まらない。

どうか一人でも命が助かるように。

ただ、ただ祈るばかりです。
posted by shampoo at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190441668

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。